メニュー

院長ブログ

ファイザー社とアストラゼネカ社のコロナワクチン、英国約63万人の副反応データ(2021.06.15更新)

 現在日本ではファイザー社、モデルナ社そしてアストラゼネカ社の3社の コロナワクチンはが認可されています。このうちファイザー社とモデルナ社はすでに接種され始めていますが、アストラゼネカ社製は血栓症の報告があり精査中のため、また国内摂取は行われておりません。イギリスではファイザー社製とアストラゼネカ社製のワクチンを多く接種しており、その副反応について報告がありましたので、ご紹介します。
 
 イギリスで3月までに新型コロナワクチンを接種した62万7,383例を対象に、副反応について調査したデータが集計、報告されました。この前向き観察研究では、専門アプリを使って「BNT162b2」(ファイザー・BioNTech社製、以下ファイザー製)の1回または2回接種者、「ChAdOx1 nCoV-19」(アストラゼネカ製)の1回接種者を対象に、接種後8日以内に自己申告された全身および局所の副反応の確率と比率を調べられました。またあわせて、PCR検査等で接種群と未接種群の感染率を比較しました。
 
 2020年12月8日~2021年3月10日に、62万7,383例が65万5,590回の接種を受けたと報告されました。28万2,103例がファイザー製の1回接種、そのうち2万8,207例が2回接種を受け、34万5,280例がアストラゼネカ社製の1回接種を受けました。
 全身性の副反応は、ファイザー製1回目接種後に13.5%(3万8,155/28万2,103)、2回目接種後に22.0%(6,216/2万8,207)、アストラゼネカ製接種後に33.7%(11万6,473/34万5,280)で報告されました。局所的な副反応は、ファイザー製1回目接種後に71.9%(15万23/20万8,767)、2回目接種後に68.5%(9,025/1万3,179)、 アストラゼネカ 製接種後に58.7%(10万4,282/17万7,655)で報告されました。
 全身性、極小性の副反応とも、既感染者で未感染者よりも多い結果でした(全身性;アストラゼネカ 製接種後1.6倍、ファイザー製1回接種後2.9倍)、(局所性;アストラゼネカ 製接種後1.4倍、ファイザー製1回接種後1.2倍)。
 PCR等検査を受けたワクチン接種群10万3,622例中3,106例(3%)、未接種の対照群46万4,356例中5万340例(11%)が陽性でした。感染リスクの有意な低下は、1回目接種後12日目からみられ、21~44日目には アストラゼネカ 製60%(95%CI:49~68)、ファイザー製69%(66~72)、45~59日目にはファイザー製72%(63~79)でした。
 
 研究者らは、2つのワクチンの接種後の副反応は第III相試験で報告されたものよりも頻度が低かったこと、またどちらも12日後に感染リスクが低下したことが確認できたとしています。しかし今回の報告では従来報告の予防効果より低めであること、血栓症の評価がはっきりしないなど、特にアストラゼネカ社製の安全性に関しての不安は払しょくできませんでした。安全性が確保できれば日本のワクチン接種にさらなる弾みがつくのではと思います。さらなる情報集積と報告に期待したいです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME