メニュー

院長ブログ

痛風治療薬によるコロナ治療に2つの効果(2021.03.22更新)
 皆様のなかで痛風になったことがある方はおられますでしょうか? 足の親指の付け根が有名ですが、関節に赤く腫れあがり、「風が吹いても痛い」ほど痛みを伴う病気です。 お肉やビールの中に含まれるプリン体等を… ▼続きを読む

ロシア・反体制派の暗殺未遂(2021.03.09更新)
 国際的な医学雑誌に症例報告という、一患者さんの診断経過や治療状況の報告が載るのですが、何げなく見てビックリしました。なんと昨年(2020年)8月に暗殺されかかったロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナ… ▼続きを読む

新型コロナワクチン接種間隔が長いほど効果大?(2021.03.01更新)
 いよいよコロナワクチンの国内接種も開始となりました。現在のところファイザー製のみは国内で流通していますが、超低温冷蔵が必要であったり、輸送で衝撃を与えてはいけないことであったり、初めてもmRNAワク… ▼続きを読む

メトホルミン投与と認知機能低下(2021.02.19更新)
 コロナ禍のため、運動不足と過食のため、体重が増えてしまっている方が増えております。不健全な生活習慣の結果、糖尿病の危険が増えやすいのですが、この糖尿病の治療薬として、死亡率を下げることが証明されてお… ▼続きを読む

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した学生アスリートに心臓へのダメージが認められました(2021.02.12更新)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の猛威もなかなか終息の兆しが見えません。感染者も日本のみならず、世界的に爆発的に増えており、改善されたのは良いですが後遺症に悩まれている方も増えてきており… ▼続きを読む

コーヒーを飲むのなら、フィルターを使って淹れるコーヒーが最も健康的であるかも(2021.02.01更新)
 寒い日が続いています。暖かい飲み物が恋しい季節ですね。コーヒーはお酒やたばこと並んで、昔から私たちの生活に身近な嗜好品ですが、健康に対する影響については賛否両論です。  今回コーヒーを飲むのなら、… ▼続きを読む

2021年 新年のご挨拶(2021.01.01更新)
 新年明けましておめでとうございます。     昨年は新型コロナウイルス感染症の対応に追われた年でありました。  当院では、マスク着用の徹底、頻回の換気、待合室や診察室の密の回避、玄関先での検温な… ▼続きを読む

ホルモン避妊薬で喘息重症化リスクが低減(2020.12.28更新)
 気管支喘息は咳や痰が増えて、呼吸困難をきたすなど、持病をお持ちの方は大変ご苦労をされる疾患です。普段から吸入薬や飲み薬を使用していただくことが多いのですが、それでも風邪や気候の変化をきっかけに状態が… ▼続きを読む

新型コロナウイルス対インフルエンザウイルス、ヒト皮膚での生存時間は?(2020.12.21更新)
 残念ながら新型コロナウイルス感染症は第3波と思われる再流行が見られ、全国の医療機関がひっ迫してきています。感染拡大防止にはみなさん個々の感染対策が重要ですが、新型コロナウイルスはヒトの皮膚上でどのく… ▼続きを読む

O型の人は新型コロナウイルス感染症にかかりづらく、重症化しづらいかも(2020.11.12更新)
 新型コロナウイルス感染症の罹患リスクや重症化リスクと血液型との関係について、世界各地で研究がすすめられていますが、O型の人は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかりづらく、重症化しづらい… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME