メニュー

院長ブログ

タバコの50%値上げ、健康や経済に有益(2018.07.26更新)
 増税の議論のたびに、また国の赤字のニュースのたびに、決まってタバコ税増税の話題が出ます。  タバコが健康に良くないことはほとんどの方が認識しており、皆さんに同意を得られやすいということでしょうが、… ▼続きを読む

長生きにはビールは週7本までに(2018.07.23更新)
 健康を害する危険が少ないアルコール摂取の推奨量は、各国によって結構違いがあります。  英国・ケンブリッジ大学のAngela M. Wood氏らは、約60万人のアルコール摂取状況を解析し、死亡する危… ▼続きを読む

運動中に喉の渇きを感じてから飲むという水分補給の仕方では脱水状態に陥りやすく、パフォーマンスが低下する可能性がある(2018.07.17更新)
 運動中に喉の渇きを感じてから飲むという水分補給の仕方では脱水状態に陥りやすく、パフォーマンスが低下する可能性があることが、米アーカンソー大学水分補給科学研究所所長のStavros Kavouras氏… ▼続きを読む

塩分減らすと尿の回数が減ります(2018.07.08更新)
 当院では高血圧や心不全など心臓の病気をお持ちの方には特に塩分制限をお願いしております。  また夜間尿に起きる回数が多くて困っている方にも、遅い時間の水分のほかに塩分を控えていただくよう指導していま… ▼続きを読む

日本人にお酒が弱い人が多いのは訳がある?(2018.07.04更新)
 日本人の遺伝情報を調べたところ、お酒に弱い体質の人が増えるよう数千年かけて「進化」してきたことが、理化学研究所などの分析で分かりました。  詳しい原因はまだ不明ですが、アルコールに弱い体質が何らか… ▼続きを読む

残った歯の少ない高齢者は認知症になりやすい(2018.06.28更新)
 高齢期の歯の損失は、認知症の発症率を高める可能性があることが示唆されています。 お隣韓国から高齢者の残った歯の数がへると認知症になりやすいという研究報告がありました。歯の少ない人は多い人に比べ認知… ▼続きを読む

塩分の取り過ぎによる害、他の栄養で帳消しにはできない?(2018.06.23更新)
 塩分の取り過ぎによる心臓への害は、野菜や果物をたくさん食べるなど他の面で健康的な食事を心掛けたとしても帳消しにはできないことが、イギリスの研究から明らかになりました。  塩分の摂りすぎにカリウムや… ▼続きを読む

ビタミンDにがん予防効果があります(2018.06.18更新)
 血中ビタミンD濃度が高い集団は男女とも、がん全体の罹患リスクが低いことが、日本人を対象にした国立がん研究センターの研究で示されました。  以前よりビタミンDは、さまざまな抗腫瘍性の特性を持つ強力な… ▼続きを読む

人付き合いはスマホをしまえばもっと楽しくなる(2018.06.11更新)
外出先で誰かと楽しい時間を過ごしたいのなら、スマートフォン(スマホ)を取り出す前にそれが本当に必要か考えてみた方が良いかもしれません。 カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のグループが実施した研究… ▼続きを読む

脳卒中再発予防に望ましいLDL-C値は80-100(2018.06.04更新)
 コレステロールは動脈硬化をきたし、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。特に悪玉コレステロール(LDL)が高いとこういった血管の病気になりやすいことが分かっています。ではLDLはいくつくらいがよいのでし… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME